実習生受け入れの流れ

01

ご相談・お申し込み

スタート

当組合にお問い合せいただいた後、メリット、デメリットを含めて、制度の概要をご説明し、希望される技能実習生の職種、受入れ人数、雇用条件等をヒアリングさせて頂きます。受入れを決定後、当組合へのご加入とお申し込みを頂きます。

02

募集・面接・雇用契約の提示

6ヶ月前

現地送出し機関にて、技能実習生候補者の中から、書類選考・学科試験・実技試験・適性検査・面接を行い、候補となる技能実習生を選抜します。可能な限り、企業様にて現地での面接をおすすめしております。合格した候補者には雇用契約を提示します。

03

入国前講習・研修の開始

5ヶ月前

母国にて4ヶ月以上、日本語の学習を中心に日本文化、習慣、礼儀など、日本で生活する上で必要とされる基礎知識について学びます。また必要に応じて機械加工や溶接などの研修も行います。

04

入国申請書類の準備・申請

4ヶ月前

外国人技能実習機構へ提出する技能実習計画認定申請に係る書類を当組合にて作成いたします。認定申請の許可が下りましたら、入国管理局へ、実習生が入国するための在留資格認定申請を行います。申請書類作成上、企業様にご協力いただくこともございますのでよろしくお願いいたします。

05

査証(ビザ)取得

2週間前

交付された在留資格認定証明書を技能実習生の母国送出し機関に送付します。送出し機関を通じて日本領事館へ査証(ビザ)の申請を行い、査証の交付を受けた後、技能実習生は出国手続きを行います。

06

技能実習生の入国

入国 技能実習1号口

晴れて技能実習生が入国します。当組合職員が同行し、技能実習生を出迎え、その後、日本で生活する際の注意事項等、各種オリエンテーションを行い、集合講習期間中に滞在する寮までご案内いたします。入国1年目の技能実習生は、技能実習1号ロの資格で国内に滞在します。

07

入国後集合講習開始

1ヶ月目 技能実習1号口

入国後は約1ヶ月間の講習を行います。講習の内容は、日本語教師による日本語教育、地元の警察署、消防署による交通ルールや安全指導、労働関係法令、掃除の仕方やゴミの分別方法などです。この1ヶ月間で、これから日本で暮らしていく中で思わぬトラブルに巻き込まれないよう知識を身につけます。

08

受入れ企業での実習開始

2ヶ月目 技能実習1号口

1ヶ月の集合講習を経て、技能実習生が受入れ企業様に配属されます。その日から雇用契約が発生し、技能実習が開始されます。そして、当組合でもしっかりサポートを進めてまいります。

09

技能検定等受検

9ヶ月目 技能実習1号口

3年間の技能実習を行うためには、技能検定基礎2級等に合格することが必要です。この検定等に合格すると、技能実習2号ロの在留資格に移行することができます。技能実習期間が1年間のみの場合、帰国の準備を指導します。

10

在留資格変更・在留期間更新

10ヶ月目 技能実習2号口へ変更

技能検定の結果を元に、入国管理局から在留資格の変更・在留期間更新の許可が下ります。入国後2年目と3年目の間、技能実習生は技能実習2号ロの資格で国内に滞在します。

11

在留期間更新

22ヶ月目 技能実習2号口

技能実習2年目から3年目にかけての在留期間の更新を行います。

12

帰国

36ヶ月目 技能実習2号ロ

帰国する約6ケ月前に、技能検定3級等の実技試験の受検が必要です。3年間の技能実習が終了すると、技能実習生は帰国します。空港では当組合職員が労をねぎらい、丁寧に見送ります。

​ご相談・お申込み---------------

     072-851-3601

           平日9:00~18:00

C102